信用リスク

信用リスクとは、簡単に言うと、債権者は債務者が破綻したりすると債権を回収できなくなる危険があるという意味です。

FXの取引においては、お客が注文を出すと、注文を受けたFX取扱会社は、同じ注文を信託銀行等(カバー取引先)に出す仕組みになって います。

この仕組みの中で証拠金等は、お客からFX取扱会社への委託を経て、信託銀行等(カバー取引先)へ信託されます。

そのため、もしFX取扱会社が破綻したとしても、証拠金等は信託銀行等(カバー取引先)から返還されることになります。

FX取扱会社は、より信用度の高い信託銀行等をカバー取引先とすることで、信用リスクの軽減を計っていますが、その信託銀行等が破綻す るリスクは残ってしまいます。

更に、ここで注意しなければならないのは、FX取扱会社やカバー取引先である信託銀行等が破綻した時、取引されているポジションが強制 決済されてしまう点です。

自分が意図していない時点で強制決済されれば、思わぬ損失が発生することになります。

そして、この際、お客は破綻先に対する一般債権者の立場となるため、強制決済後に証拠金等の残高があっても全て返済されることは保障さ れません。これがFXの取引における信用リスクです。

スポンサードリンク

menu
トップ
為替変動
金 利差調整額
信用リスク
流 動性リスク
シ ステムリスク
link
メ リットとデメリット
メリット
デメリット
始め方