スポンサードリンク

まずは婦人科へ

生理だと思い込んで安心していたら実は不正出血だったというケースも少なくありません。

不正出血は、どんな女性にとっても不安なもので す。

不正出血の不安を取り除くにはやはり早めの受診をお勧めします。

もちろん大きな問題がないときもありますが、自己判断をしてしまうと、大きな病気のサインを見逃してしまうかもしれません。

出血は赤い色 とはかぎらず、薄いピンクや褐色など分かりにくい物もあり、出血量は少量から、かなり大量の出血がみられることもあります。

わずかな不正出血で、子宮癌を筆頭にした重大な産婦人科の病気を 早期に発見する手がかりになることがあります。

悩んでいないで、なるべく早めに婦人科の診察を受けましょう。

menu
トップ
不 正出血の原因婦人科と不正出血生理後の 不正出血更 年期と不正出血不 正出血と排卵子 宮と不正出血女 性と不正出血茶 色の不正出血ピ ルと不正出血産 後の不正出血
sitemap 
link
岡 山のエステ