栃木のラーメン

一般的に佐野ラーメンが有名ですがその他にも栃木には美味しいお店がたくさんあります。

栃木名物

栃木県の名物といえば、かんぴょうに、イチゴのとちおとめ、宇都宮の餃子と有名です。

栃木で「ラーメン」と聞いて、ピンとくる人は少ないと思いますが、栃木県佐野市は300店近くのラーメン店が、ひしめくラーメン激戦区 です。  

御当地ラーメンとしてはどちらかというとマイナーな存在でしたが、ラーメンブームと地元佐野ラーメン会の努力で、全国的にも有名な存在 になりました。

佐野ラーメンの特徴といえば、なんといっても「青竹打ち」の縮れた麺でしょう。

現在では製麺の機械も出来ていますので、青竹を使って麺を打つ店も少なくなっているようです。

青竹打ちのちじれ麺は、中に気泡が多いため熱伝導が良く、短い時間で茹で上がりて、腰の強い舌ざわりが味わえます。「青竹打ち」は昔、 中国広東省から佐野にやって来た、中国人のコックさんから伝授されたようです。孟宗竹を使って麺を打つ、中国の秘法と言われています。

栃木県は小麦粉の生産が盛んで、製粉工場や製麺屋がいくつもあります。

環境庁認定、日本の名水百選である「出流原弁天池」を源とする地下水が流れていているため、麺やスープを作るのにうってつけの土地柄で はないでしょうか?

トッピングはチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギなどが主流で、特にチャーシューは そこそこの、お店の自慢のチャーシューを、出している店も多い様です。

豚骨や鶏ガラからていねいに作られるスープには、一点の曇りもない醤油ベースのスープが特徴で、どこか懐かしさを感じさせる、さっぱり とした後味のラーメンで昔懐かしの支那そばです。又、特産物のかんぴょうの粉末を麺に練り込んだご当地ラーメン「夕顔ラーメン」が有ります。カリュウムや 食物繊維を多く含むかんぴょうを使用しているので、お腹に優しいラーメンです。夕顔ラーメン会があるが 知名度は今ひとつのようです。

↑top

スポンサードリンク