神奈川ラーメン

神奈川ラーメンの歴史と言えば中国文化が入り込み、函館・横浜・神戸・長崎などの各港町で、中国麺の時代の流れにより、長崎ではチャン ポンになったように横浜ではラーメンとして、進化を遂げます。

歴史

神奈川ラーメンの歴史と言えば中国文化が入り込み、函館・横浜・神戸・長崎などの各港町で、中国麺の時代の流れにより、長崎ではチャン ポンになったように横浜ではラーメンとして、進化を遂げます。

神奈川県では、「家系」とよばれているラーメン屋グループがあります。

「吉村家」を元祖とする、濃厚なとんこつ醤油のスープ、コシのある太麺、好みによって麺の硬さ、スープの濃さ、油の量など自分の好みに 変えることが出来るのが「家系ラーメン」の特徴です。

具材もチャーシュー・海苔・ほうれん草が基本で、温泉玉子・ネギ・メンマ・コーンなどのトッピングもたのしめます。

元祖以外にも代表的な「六角家」、「介一家」、「横濱家」、「山岡家」、「本牧家」など「〇〇家」と付く、「家系」は全国に300店ほ どあるようです。

ただ元祖「吉村家」直系店はたった8店舗のみで、「その他の店とは師弟関係は一切ない」と店主さんは語っています。

また、師弟関係がいっさいない家系ラーメン一派閥「壱六家系」は各地にフランチャイズを置いており、特色として、まろやか濃厚スープ・ もっちりした太麺・具にうずらの玉子、看板には「横浜ラーメン」の文字が、「家系」と区別する目印になっています。

↑top

スポンサードリンク