スポンサードリンク

略歴

戦国時代から安土桃山時代の武将
織田信秀の正妻の子として生まれる
1534年6月23日

幼少期から相当の変わり者でうつけものと呼ばれていた。

今川氏、斎藤氏を破り足利義昭を将軍につけたが、義昭が敵対した武田氏、朝倉氏、などから包囲網を敷かれる。

これらも破り天下統一を推し進め楽市楽座、検地、関所の廃止などを進める。

桶狭間の戦い

天下統一後今川義元が大軍を率いて侵攻を開始する。
今川軍にはのちの徳川家康率いる三河の兵もおり織田信長軍のとりでを次々破る勢いがあった。
織田家の危機の中静寂を保っていた信長は熱田神社に参拝し4000人の兵で出陣し今川軍に強襲をかけて見事討ち取る。

逸早く鉄砲を取り入れたことも勝因となる。

清洲同盟

桶狭間の戦い後も今川氏への警戒もあり、頭角を現した徳川家康も近隣の武田信玄などを警戒しなければならないという両者の思惑が一致し織田信長と徳川家康は清洲同盟を結ぶ。

本能寺の変

諸説はあるが一般的な解釈として明智光秀が 重職に登用されない不満を主君へ抱き、織田信長が小姓らのみで本能寺へ滞在している事を知っていた明智光秀が豊臣秀吉援護のために集結された1万3000 人の兵士を連れ襲い織田信長を自害に追い込んだ。秀吉援護に集められた兵士を前にし「敵は本能寺にあり」と宣言したことも有名なくだり。
何故明智光秀は織田信長を裏切ったのかは謎が多く信長の死体も見つかっていないこともミステリー

menu
トップ
エピソード
楽市楽座
取り巻く人々
海外の動き
link
織田信長(おだのぶなが)