不測の事態への備え

生命保険は人生に於ける不測の事態に対して備える経済的手段ですが、その不測の事態というものが、いつどのような形で起こり、そ の結果どの程度のリスクを残すのかを事前に把握することはできません。

また、長生きした場合でもいつまでも十分な収入があるとは限らなく、一生を通じて常に収支のバランスが崩される危 険があります。

私たちは、経済的に困らないよう、これからの危険に対して事前に十分な準備をしておくことが必要です。

そこで大事なことは、必要性に合わせて自分に 合った生命保険を選択する事です。

基本は3種類

生命保険の基本は、終身保険、定期保険、養老保険の3種類があり、終身保険は死亡時に支払いを約束されており、終身保険では払い込む保 険料も大きな 金額ですが、万が一途中で解約した場合も解約返戻金が戻ってきて、そのため貯金としての役割も持ちます。

一定期間の死亡を対象にしているのが定期保険ですが、期間内に 同額の保障を約束するものと、必要保障額に合わせて逓減していく逓減定期保険の2種類ありますが、原則として掛け捨てになります。

養老保険は死亡保障と生存給付を合 わせた保険で、保障と貯蓄が充実している分、保険料が一番高くなりやすい保険です。

menu
トップ
保険契 約者
保険期間
必要保障額
払 込の期間
配当金
配当 金の受取方法
三大疾病 保障保険
災 害死亡保険金
特定 疾病保障特約
疾 病入院特約
女性 疾病入院特約
生 活保障特約
成 人病入院保障特約
高 度障害保険金
手術特約
リ ビング・ニーズ特約
死亡保 険金
告 知義務違反
sitemap
link
ファイナンシャルプランナー