スポンサードリンク

基準について

室内犬を選ぶ時に気になることが「運動量」「抜け毛」「吠え癖」「しつけのし易さ」などがあると思います。犬の性格にもよりますが概ね犬の種類ごとに特性 がありますので事前に知っておくと後々困ることが少ないと思います。

上手な飼い方が出来るよう自分の生活スタイルに合った犬種を選びましょう。

愛玩犬と狩猟犬

祖先が狩猟犬であった犬は運動量も豊富で総じて飼い方が難しくその分上手にしつけが出来たときの喜びは大きいと思います。

宮廷などで飼われていた愛玩犬は現代の室内犬に共通する部分が多く飼い方としてもとても楽なのでしつけに自信がない人にお勧めです。

しつけのコツ

社会性を身につけさせるには出来るだけ外に連れ出して他の人間や犬との触れ合いをさせた方がよい。

人間でも三つ子の魂100までと言われますが犬も子犬の頃のしつけが非常に大切です。子犬のうちはほったらかしにせず愛情をもって接する飼い方が望まし く、犬の頭がよければよいほど子犬のころの痛い思いや怖い思いは成犬になっても消えませんので大事にしてあげましょう。

飼い主をしつける。人間と犬はまったく違う文化を持っています。お互いの文化を尊重し円満に生活するためにも飼い主は犬という文化を知らなければなりませ ん。

上手にしつけている人ほど犬のことについて詳しいのではないかと思います。

目的

犬を飼う目的ははっきりさせましょう。競技などに出たいのか、癒しとして飼いたいのかによって飼いたい犬の種類が決まります。

見た目が可愛いから、好きな犬だからという理由だけで飼うことはやめましょう。

まとめ

自分の住んでいる環境と犬の特性を見極め最適な犬種を選びましょう。


Menu

トップ

チワワ

トイプードル

ミニチュアダックスフンド

シーズー

ポメ ラニアン

マルチーズ

ジャッ クラッセルテリア

ウェルシュ・コーギー・ペンブ ローク

ビーグル

柴犬・豆柴

リンク

相互リンク