埼玉のラーメン

埼玉の名物として草加せんべいや狭山茶がありますがラーメン店も美味しいお店が沢山あります。こちらのサイトでは有名店のほんの一部を紹介しております。

埼玉ラーメン

埼玉県のラーメンは、ご当地特有の特長が無く、色々な地方のラーメン店の味が食べられます。

2002年11月にオープンした「ラーメンアカデミー

こちらは、ラーメンをテーマにしたフードテーマパークで、その名の通り全国の有力ラーメン店をチーム化し、定期的に店舗を入れ替えてい く店舗です。

出店している各店には、本店にはない特別メニューがありこれは、アカデミー側から課せられた宿題なのです。

各店が技術と知恵を駆使し、日々今までにないラーメンの創作に励んでいるようです。

また、「通信簿」という形でお客さんがラーメンの評価を行うイベントも開催されています。

色々な地方のラーメンが有る埼玉県で、人気店を探してみました。

色々な意見が有ると思いますが、独断で選びました。

埼玉ラーメンの有名店

埼玉名物

埼玉県草加市は、平成13年(2001年)11月、環境省による「全国かおり風景100選」に選ばれました。何の香り?ご存知のとおり 草加市は全国で有名な「せんべいの街」。

すなわち「草加せんべい醤油のかおり」が草加の香りなのでした。

草加せんべいの由来は、「おせんさん」の話が有名では、ないでしょうか?

草加せんべいの歴史は古く江戸時代になります。

日光街道にある草加松原の茶屋で、おせんさんというお婆さんが、団子を売っていました。

その団子はたいへんおいしいと評判だったそうです。ある日、通りがかりの侍が「だんごを乾かし、延ばして焼き餅にしてはどうか」といわ れ、つくってみたところたいへんな評判を呼び「おせん婆さんが焼く餅」ということで「おせんべい」になり、草加の名物になったといわれています。

草加市には、せんべい工場やせんべい屋が70軒以上もあり、お店では、お茶を出してくれたり買い物をするとおまけをくれたりと、うれし いサービスが受けられます。

店によって、せんべいの大きさ、厚さ、堅さ、味が異なります。買う前に試食して自分の好みに合った、せんべい屋を見つけるのも楽しいで しょう。草加市に行ったら、できたてのアツアツせんべいを食べてみましょう。

草加の伝統産業を紹介する施設。「草加市伝統産業展示室」があり直径2.1mもあるジャンボせんべいの、レプリカなどの展示や、せんべ いの手焼き体験も楽しめます。

狭山茶

埼玉県では、「狭山茶」も有名です。「色は静岡、香りは宇治よ味は狭山でとどめさす」と「狭山茶摘み歌」にも歌われています。狭山茶の 深い味わいは寒い冬を乗り越えることでいっそう深まり、また「狭山火入」という独特の仕上げる技術により、甘くて濃厚なお茶になります。美味しい狭山茶と 草加せんべいで、昼間の一時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

↑top

スポンサードリンク